2月25日の新型コロナウイルス感染症対策分科会「緊急事態宣言解除後の地域におけるリバウンド防止策についての提言」では、「当面の飲食業の在り方」として、「1グループは同居家族以外ではいつも近くにいる4人までとする」ことが示されました。
これを踏まえ、Go To Eatキャンペーン事業においても、食事券の利用は、原則として「4人以下の単位」での飲食とする対応を行うこととしました。
飲食店及び消費者の皆様におかれましては、感染症予防対策への理解と協力をお願いいたします。

【消費者の皆様へ】
  • Go To Eatキャンペーン事業の食事券の利用は、「4人以下の単位」での飲食にご協力をお願いいたします。
    ※子ども、介助者等を除く。同居家族のみの場合はこの限りでない。
【飲食店の皆様へ】
  • 利用客が「4人以下の単位」になるよう、パーティション、アクリル板、テーブル、個室等を利用し、または各グループの客同士が最低1m以上空くように席を工夫するなど、同一グループであっても、利用客を物理的に分けるよう、席の配置を工夫してください。
  • 協力いただけない方には食事券の利用を控えていただくようにしてください。